有機JAS和歌山県産有田みかん

冬はコタツでみかん。定番ですね。この前、家でみかんを食べていたら子供がみかんの白いスジを細かく取っていたので思わず「この白いスジに栄養がたくさんあるんだよ。」と教えてやりました。

なんとなく体に良いと聞いたことがあったのですが実際、どんな栄養があるのか、わからないまま言ってしまったのでしっかり調べる事にしました。

是非食べてほしい!みかんの白いスジの秘密のチカラ

みかんの白いスジには意外にも栄養があったのです。

「ヘスペリジン」と呼ばれるビタミンと同じような作用を持つ栄養素が含まれているんです。

「ヘスペリジン」とはポリフェノールの一種。ポリフェノールと聞いただけで体に良さそうですが、どんな栄養かというと、毛細血管を強化し、ビタミンCと一緒に血圧の上昇を抑えてくれ、毛細血管を強化させる効果などがあり、その他、中性脂肪を分解する働きもあるようなんです。

これら白いスジやみかんの果肉の薄皮には、ペクチンという食物繊維が豊富に含まれていて、腸の中の水分を調節してくれます。つまり女性の大敵、便秘にいいってことですね。ペクチンは果肉にも含まれていますが、果肉の薄皮ごと食べると4倍も多く摂ることができるので、是非果肉の薄皮ごと食べるのをおすすめします。

つまり、白いスジやみかんの果肉の薄皮も一緒に食べると女性にはうれしい美容効果や美肌効果、ダイエットやアンチエイジングなどが期待できるので捨ててしまわずに、おいしくお召し上がりください。

ちなみに、みかんの白いスジに名前があったのをご存知ですか?「アルベド」と呼ぶらしいですよ。

 

みかんが、がん予防になる。みかんのすごい栄養素

せっかくなので、みかんの栄養素をご紹介しましょう。

みかんと言えば、なんといってもビタミンC。みかんは調理で失われやすいビタミンCがとても豊富なくだもの。

なんとみかん2個で大人の1日分のビタミンCが補充できるといわれています。ほかにもビタミンA含みます。ビタミンAはβカロチンで温州みかん系に多いそうです。

ミカンを食べると風邪をひかないと言われていますが、それはシネフィリンが含まれているからです。このシネフィリンは温州みかん系だけに含まれており、オレンジ等には極めて少ないそうです。

みかんが話題になった事がありました。抗ガン効果がある「β-クリプトキサンチン」も含まれているということが分かったのです。「β-クリプトキサンチン」は色素の一種で、発ガン性物質から細胞を守る働きをします。そのパワーはβカロチンの5倍なんだとか。すごいですね。

その他、βクリプトキサンチンが威力を発揮しそうな病気が、骨粗しょう症です。

ネズミを使った実験では、骨量が増えたとの報告もあり、骨形成を促す成分としては、これまで最も多いとされてきたビタミンK2よりはるかに強力です。

βクリプトキサンチンの特徴は、一日でその作用が消える他の食品成分と異なり、2ヶ月以上も影響が続く事で冬場に食べたみかんのβクリプトキサンチンが、春も体を守ってくれるという訳です。

また、先ほどにも紹介した食物繊維も多く腸内の浄化力があり、直腸ガン等になりにくくします。
食物繊維は、ビタミンAやPと一緒に存在することにより、その効力を高めるそうです。だから白いスジやみかんの皮部分も一緒に食べたほうが体に良いといわれているのですね。

みかんの皮を生で食べるのはちょっとつらいかもしれませんので、ミカン風呂にしたり、干して陳皮を作るのもいいですね、干してしまうとビタミンは半分ほどになってしまいますが十分でしょう。陳皮は漢方薬に用いられるほど体に良い食材です。陳皮はミキサーやすり鉢で粉末状すると使いやすく、七味などに混ぜると風味が良くなりおいしく味わえます。

注意したいのは、みかんの糖分です。いくらおいしくて体に良いといっても食べすぎは良くありません。カロリーは、ミカン1個でアメ玉1個分、3個でご飯1杯分ですので、ミカン2個でご飯2/3のカロリーでビタミンCは1日分、しかも風邪やガンの予防にもなるし、血行も良くなるし、美しくなる(便秘がなおる)。

昔から、「ミカンが出回る頃になると医者は暇になる」と言われているほどです。おいしく健康的に冬の食生活をお送りください。

出典:正直通信みかんの栄養

有機JAS栽培。ノーワックスで防腐剤も不使用。和歌山県産古田さんのみかんはこちら

丁寧に作られた有機JAS認定のみかんです。ノーワックスで防腐剤も不使用なので安心して皮まで食べられるみかんです。

The following two tabs change content below.
ベジラボブログ編集部

ベジラボブログ編集部

京都にある野菜の卸会社「京都ベジラボ」のWEB担当者。こだわりの野菜の情報を発信していきます。野菜を食べて健康で元気になりましょう。