デトックスウォーター

おはようございます。

みなさんは水分補給しっかりしてますか?

  • 男性は1日3リットル(約コップ13杯)の水分を摂取すると良い
  • 女性は1日2.2リットル(約コップ9杯)の水分を摂取すると良い

パミラ・バラ(Pamila Brar)博士は言っているそうです。

健康維持のためにはしっかりした水分補給が欠かせませんが、味気のない水ばかりでは、少々物足りませんね。

そこで、家にあった炭酸水とフルーツで「デトックスウォーター」を作ってみたので紹介します。

デトックスウォーターとは

ミネラルウォーターや炭酸水に果物や野菜を入れて香りや風味、ほのかな甘みが楽しめるフレーバーウォーターのこと。水に溶けやすいフルーツや野菜の栄養成分も取れるので最近はやっているようです。

無農薬のレモンとタンカン、あとブルーベリー

デトックスウォーターの作り方

作り方は簡単です。入れ物にカットした果物や野菜を入れて水やミネラルウォーター、炭酸水を入れるだけ。後はしばらく寝かしておきましょう。

入れる果物や野菜はお好みなんですが、例えばグレープフルーツは脂肪燃焼効果、レモンはビタミンCの効果、ミントは代謝作用の促進効果、きゅうりの利尿作用など目的をもって選んでもOK。

その他、栄養満点の蜂蜜などを入れてもいいですね。

今回は、炭酸水に無農薬のレモンとタンカン、それとブルーベリーをいれてみました。

果物をカットして入れ物に炭酸水と入れるだけです。

色合いや香りを感じているだけで楽しい気分になります。

前日に作っておいて朝に飲む

夕飯時に半分残ったレモンがあったのですが置いておくとしなびれたりしますよね。カットして入れ物に入れデトックスウォーターにしてしまえば次の日のお楽しみになります。

野菜や果物は生き物なので呼吸をしており、時間がたつにつれ、酸素、微生物、酵素のストレスでできるだけ早く食べないと栄養価が失われてしまうそうです。

残った野菜や果物は冷凍しておいて、デトックスウォーターに使っていけば無駄のない使い方ができるのではないでしょうか。

一晩置いたデトックスウォーター

いかがでしたか。毎日の水分補給は大切ですね。寒いとあまり水を飲まなくなりコーヒーばかり飲んでいませんか。

水分が足りていないと疲れがたまりやすくなるそうです。十分に水分を摂取して、体調管理をしてください。

今回使用した屋久島のタンカンはアマゾンで買えます

The following two tabs change content below.
ベジラボブログ編集部

ベジラボブログ編集部

京都にある野菜の卸会社「京都ベジラボ」のWEB担当者。こだわりの野菜の情報を発信していきます。野菜を食べて健康で元気になりましょう。