桃の節句・お雛様とお内裏様

女の子の健やかな成長を願う桃の節句。3月3日はひな祭りですね。

京都でも神社などではひな祭りの行事が催され、ひな人形を飾り、お祝いをします。

ひな祭りといえば、皆さんちらし寿司は食べましたか?

ひな祭りといえば、なぜちらし寿司を食べるのかご存知ですか。

ひな祭りといえば、なぜちらし寿司を食べるのか。ちらし寿司の意味は?

ひな祭りの定番、ちらし寿司。日本には季節の節目に節句として祝います。

なぜひな祭りにちらし寿司を食べるのかは諸説ありますが、ずばり言うとはっきりしません。

季節の節目に栄養のある旬の食材を食べ、体調を崩さないようにする意味があるようです。

女の子のお祭り、ひな祭りには見た目も華やかな具材を使い祝ったとされています。

食材には縁起の良い意味をもつものが使われています。

少しですが縁起の良い食材を紹介します。

  • 海老は腰が曲がるまで丈夫で長生きできますように。
  • レンコンは、穴があいていることから人生の見通しが良いように。また、レンコンには種が多いことから「多産」で縁起が良い。
  • 豆は、栄養があり健康でマメに働けるように。

など、ちらし寿司の具材はたくさんの食材を使い食べ物には不自由しない願いも込められていたのでしょうね。

大豆ミートを使った桃の節句・サラダちらし寿司レシピのご紹介

先ほどもご紹介したように、豆(大豆)には栄養が多く含まれています。

大豆で作られた大豆ミートを使ってヘルシーちらし寿司を作ってみました。

冷蔵庫にある野菜をたっぷり入れてサラダちらし寿司にしても楽しいですね。

皆さんもお試しください。

大豆ミートちらし寿司レシピ

The following two tabs change content below.
一人でも多くの方に地に響くステップの素晴らしさを伝えていきたい。一人一人のインド舞踊を大切にという想いからステップを踏んでいるという「TOSHIKO」さん。 京都を中心にインド舞踊・Bharatanatyamの舞台活動を行っている。踊ることでたくさんの心ある方と出会えるという。踊り以外、食にも関心があり食育の活動にも力を入れている。