新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします

昨年の暮れに岐阜県郡上市で有機キノコを生産している
ハルカインタ-ナショナルを訪問しました。
井上会長とは7年ぶりにお会いしました。
まだ有機シイタケを生産されたころでした。
今では大手のス-パ -にも有機しいたけを販売されるまでに成長されました。
当日は共に仕事をされてる菊池さんが工場を案内してくれました。
なぜ井上会長が有機シイタケを生産されるきっかけになったのは中国に行かれたからです。

20年前、中国・杭州市郊外で健康キノコのアガリクスを生産開始して以来、キノコ生産に関する技術革新を重ねてきました。
自然環境が素晴らしい岐阜県の山間の地、郡上市和良町でさらに技術を高め、菌床キノコ業界唯一無二の有機JAS認証(認証機関JONA)を取得。種菌から菌床、フレッシュキノコ、乾燥キノコまでを一貫生産販売する総合メーカーです。岐阜県近隣の雑木おがくずを原料に、オーガニックな生産工程はキノコ菌本来が持つ力を利用した自然開放型生産技術です。
JICA(国際協力機構)とともに、ブータン王国の農業技術支援として、キノコ生産の実証事業にも成功。キノコ菌床を中東ドバイに輸出し、キノコ販売とともに、オーガニックな廃棄菌床を砂漠緑地化に活用するという構想に挑んでいきます。

最近では日本初の高級ノコキ キヌガサタケの人口栽培にも成功されました。

さらには日本一、ダントツのキクラゲメーカー
世界で初めてブータン王国でキノコの実証栽培に成功

世界で初めて、キノコ菌床を活用した砂漠緑地化ビジネスに挑みます。
会長の話しは砂漠を農地化する企業としてギネス登録に挑むというとてつもない夢を語られ夢の続きは次回にということでお別れしました。
http://www.happyvege.net

The following two tabs change content below.
伊藤雅文

伊藤雅文

2014年頃から有機野菜の生産地が増え、販路の拡大のために有機農産物の卸会社京都ベジラボを設立しました。日本では有機食品マーケットが小さくわずか0.2パ-セントです。欧米なみに20〜30パ-セントまで市場が拡大し、一般の食品店に有機野菜が並び、消費者が手軽に有機野菜を買えるような市場づくりを目指しています。