祇園 元勢料理のこだわり
京都祇園南側町にお店を構える「ぎおん元勢」は 元のお茶屋を改装した風情ある京割烹で、京都で料理を学んだ「小島季征氏」が 立ち上げた地元の通が通うお店です。 小島氏は京の地元、大原、美山や上賀茂産の野菜は無論の事、全国のこだわりの 旬の食材をいち早く取り入れ京料理の基本を大切にしつつも、その枠に捉われずに、 一ひねりした料理が馴染み客の期待を膨らませています。 小島氏の料理は夏の「鱧料理」、秋の「きのこ料理」、冬の「鍋料理」、春の「旬彩料理」と 毎月の季節の移ろいと味わいを堪能させてくれます。

 

おせち開発のヒストリー

平成17年春頃、「ぎおん元勢」のおせちの開発提案を行った最初の段階で 当時の「銀しゃり本舗」より無添加、国産材料を使った特別のおせちの試作品を提供 いただき、ぎおん元勢にて小島氏を中心に試食を実施いたしました。 料理長の小島氏はこだわりの中にも柔軟性を持った性格であったにもかかわらず ほとんどの食材を味が濃い、素材材料の味がしない等の評価を行いました。 京料理の基本は追い鰹の味で代表される「薄味の中に美味しさが感じられる」事を 指摘いたしました。 この情報を「銀しゃり本舗」の料理長である常務藤井朝春氏に伝えると翌日に京都まで 飛んで参られました。 早速、小島氏と藤井氏の双方の料理長の間で喧々諤々の意見交換が始まりました。 藤井氏は翌日出社すると打ち合わせ内容に従い全ての食材の試作に入られました。 数日のちに新しいおせちの試作品を藤井氏が持参され小島氏と試食を行いました。 この結果、双方がある程度納得の行く段階に落ち着きその年のおせちの実行に 至りました。 小島氏や藤井氏の基本は全ての食材が完食されるおせちを目指しております。 その後も、掲載されている評価を聞きつけ何社かのメーカー様がブランド監修の要請に 訪れておられますが、納得の行く味に成らない為にお断りしており、いまだ「ぎおん元勢」 監修のおせちはこの一品だけとなっております。

【一の重】
有平かまぼこ・海老塩焼・鯖ざく巻・金目鯛幽庵焼・カラスガレイ西京焼・焼目湯葉巻・帆立貝山椒煮・金箔黒豆・紅白なます・栗きんとん
【ニの重】
東寺巻・蛤雲丹焼・鯵と野菜の昆布〆・蛸柔煮・菜の花・ひょうたん高野豆腐・鰤の子・いんげん・紅白梅麩・裏白しいたけ・あじろ蒟蒻・数の子美味漬・竹の子・わかめ・松笠いか
【三の重】
サーモン尾州巻・金柑・にしん旨煮・飯蛸旨煮・黒毛和牛のローストビーフ(ソース付)・笹巾着麩・小鯛南蛮漬・雲丹とアオサの新丈・田作り・かつをくるみ・彩りきぬた巻
[2019年ぎおん元勢三段 新商品説明]
①焼目湯葉巻   手作業で丁寧に湯葉を作り、巻き上げてからバーナーで焼目をつけたもの(仕入先)を、毎朝丁寧に 引くかつお出汁をたっぷり使い、含ませ煮にしてあります。出汁の香りと湯葉の食感をお楽しみくだ さい。 ②東寺巻  東寺とは、湯葉の別名として使われる言葉で、京都の東寺で作られたことからこの名があり、湯葉料 理の総称として使用されています。  弊社では、湯葉との相性が良い豆腐を芯の生地に使用しています。 彩りとアクセントに、歯ごたえ のある長ひじきを一緒に湯葉で巻きあげ、巻きすでしめて一度蒸します。  すだれ模様のついた湯葉巻を、たっぷりのかつお出汁で蒸し煮にして薄味に仕上げてあります。 ③ひょうたん高野豆腐  高野豆腐を古来よりとても縁起の良いものとされている、末広がりの形をしたひょうたんの形に抜 き、シンプルにたっぷりのかつお出汁を使用して、高野豆腐の本来の色を損なわないように白醬油を 使用して含ませ煮にしてあります。 ④紅白梅麩  麩の生地を梅型に、伝統の色合わせを施した生地と微妙なぼかしの風合いがでるよう1本1本、 手作業で仕上げ(仕入先)、甘めのシロップで炊きあげてあります。 ⑤にしん旨煮  にしんを米ぬかで一晩戻し、小鍋で見崩れしないよう丁寧にならべ、弊社で継ぎ足し使用している たれで2日間かけてじっくりと弱火で炊き上げています。継ぎ足しのたれを使用しているので 他では真似できない奥深いコクと旨味のある甘辛い仕上がりになっています。 また、じっくりと炊き上げていますので、小骨もきにならない程柔らかく仕上がっています。 ⑥黒毛和牛ローストビーフ  和牛の代表格と言える黒毛和牛を使用しています。  肉質が良いので、シンプルに塩、黒胡椒を中心に香味野菜等を使用して、肉の旨味をじゃましない 味付けにしてあります。お好みでフルーツの甘味の入った別添のソースでお召し上がり下さい。
※原材料の事情により内容・産地が変わる場合がございます。

祇園元勢•京の和風おせち三段重『2019年』(予約割引)〜•

本商品の販売価格は送料込みとなっています。
早割価格18400円(税込)送料込み  原産国・加工国日本内容量・サイズ100g 原材料詳細

 

The following two tabs change content below.
伊藤雅文

伊藤雅文

2014年頃から有機野菜の生産地が増え、販路の拡大のために有機農産物の卸会社京都ベジラボを設立しました。日本では有機食品マーケットが小さくわずか0.2パ-セントです。欧米なみに20〜30パ-セントまで市場が拡大し、一般の食品店に有機野菜が並び、消費者が手軽に有機野菜を買えるような市場づくりを目指しています。