京都産有機栽培の京みず菜

 

みず菜は古くから京都を中心に栽培されてきたので「京菜」とも呼ばれ、β-カロテンやビタミンC、鉄分が含まれる緑黄色野菜。

サラダや炒め物、お鍋など食感を生かした幅広い料理に使われる。

京都有機農業塾塾長長澤さん

 

京都長澤有機農業塾塾長「長澤源一」。

その道では第一人者で数多くの有機栽培生産者を指導している。京都太秦地区、広隆寺近くでオーガニック野菜を育てている。