kyotovegelabo-img-aridamikan-02

環境と食べる人がともに健康に

果実王国、紀州和歌山。
桃や梅、柿など様々な果実を生産している当地でも、「有田みかん」は全国的にも有名なブランドです。中でも古果園の古田耕司さんは、和歌山県有田地区でも数少ない「有機JAS」認証済みのみかん生産者です。
EM(有機微生物群)を活用し、土を良くして病害虫に負けない健全な樹を育てる。
自然環境との調和をはかりながら、樹のもつ生命力を最大限に引き出して栽培されたみかんは、薄いのにしっかりとした皮に包まれ、貯蔵中の日持ちもとても良いのだといわれます。

和歌山県の無農薬みかん

有機みかんはなぜ美味しい

みかん生産量日本一の和歌山県のなかでも、「みかんといえば有田!」と真っ先に名前が挙がるほど知名度が高い理由のひとつには、その甘くてジューシーな味わいが欠かせません。

農薬をまかないなら徹底してまかない

img-kokaen-03-r自然環境との調和をはかりながら、樹のもつ生命力を最大限に引き出して栽培されたみかんは、薄いのにしっかりとした皮に包まれ、貯蔵中の日持ちもとても良いのだといわれます。
もちろん、ノーワックスで防腐剤も不使用。
選別・出荷もなるべくベルトコンベアの上を転がさず、まるで子どもを慈しむように大切に手で選別し箱詰めされています。
箱を開けたときには大きさや外観がいろいろ取り混ざったみかんに驚かれるかもしれませんが、丁寧に取り扱っているからこそもぎたての味を長く楽しんでいただけます。
見た目の美しさという点では確かに慣行農法のみかんには劣るのかもしれません。
しかしそのいびつさは、本来もつ生命力を存分に引き継いだ樹の子どもだからこそ。
味わいや見た目の微妙な違いには、自然に育まれて育ったひとつひとつの実がもつ個性が宿っています。皮をむくと周囲に広がるみかんの香りと、口に含んだ瞬間にあふれ出す果汁の多さにも、力強さがあふれています。

環境と食べる人がともに健康にそんな願いでつくっています。
美味しいみかんの生育に必要だといわれる条件は・・・
温暖な気候
水はけの良い畑
黒潮に運ばれる浜風

その条件がすべて揃った有田地方は、みかん栽培に最適な環境をもった場所でもあります。

みかんは隔年で結実します。
昨年は生り年でしたが、雨が多くできが良くありませんでした。
今年は裏にあたる年で通常ならば収穫量が少ないのですが、雨が少なく晴れの日が多かったこともあり、早生から適度な酸がのった美味しいみかんがたくさん実っています。 味の深みの秘密は、酸味にあります。
適度な酸味がないみかんは味わいに深みがありません。
昔からの方法で仕込んだお酢がすっぱさの中に味わいがあるように、有機栽培で育てた実には深い味わいがあります。
もぎたてみかんの酸味の強さは、お客様の手元に届く頃には甘味に変わり「立体的」なうまみに変化し、酸味と甘味に深さがある「本来の自然がくれる味」に変わります。

 

有機栽培|有田みかんを購入する