蕪のような丸い大根で京都の冬には欠かせない野菜です。煮ると大変柔らかく味がしみ込みやすく普通の長い大根では味わえない美味しさがあります。朝夕の寒暖の差が大きい大原の地で渡辺さんが育てています。