筍を鍋で茹でる

下準備・注意点

  

筍はすぐに茹でましょう。あく抜きがおいしい筍をたべるポイントです。

ポイント・コツ

筍は鮮度が大切。収穫直後の筍はえぐみがほとんどないので米ぬかを入れずに茹でても問題ありません。

料理レシピ

材料(2~3人前)
  • たけのこ 小3本
  • 米ぬか カップ2
  • 鷹の爪 2本

作り方手順

  1. 筍は良く洗い、皮を2~3枚はがします。穂先を斜めに切り落とし、断面を上に向け、中央部分に縦に切り込みを入れる。裏返し同様の切込みを入れる。

  2. 大きめの鍋に筍がかぶるぐらいの水と米ぬか、鷹の爪を入れ、強火で沸騰させる。アクが出てきたら取り除き、沸騰後は弱火にして落し蓋をし、1時間ほど茹でる。

  3. 根元に串を刺し、すっと通れば茹で上がりです。

  4. 茹で汁につけたまま半日程冷まし、冷めたらよく水洗いする。

  5. 筍の皮は両手でひねるようにむく

    皮をむくときは両手で雑巾を絞るようにひねると薄皮まできれいにむけます。

春の味覚、筍。本来筍は、春の短い間でしか流通しない季節の味わいです。
京都の筍が有名ですが、京白子筍は見た目も白くて柔らかい一級品として知られています。
掘りたては生でも食べられると言います。筍は鮮度が重要で、収穫後すぐにエグミがでてしまうため、できるだけ早くにアクを抜く茹で作業が必要になってきます。
おいしい筍を味わうために筍の茹で方をご紹介します。

ショップの商品詳細を見る

アマゾンで購入


The following two tabs change content below.

るんぺ~

京都ベジラボの商品資料作成担当。おもにパソコンで仕事してます。

関連した料理ジャンルでレシピを探す

関連した材料でレシピを探す

人気レシピ